資格のデータベース TOP

人気の資格 社会保険労務士

2012年10月2日 04:49 / カテゴリ:[ 人気の資格 ]

社会保険労務士(以後社労士)は、男性にも女性にも幅広い人気になっています。なぜ男性だけなく女性にも人気があるのか?という理由はいろいろとあると思いますが、独立にも活かせて勤務しながらも活かせる資格というのが大きな魅力なのかもしれません。

例えば行政書士や司法書士であれば、一般の会社ではオーバースキルになってしまいます。一般の企業で行政書士や司法書士に頻繁に仕事を依頼するということはあまりありませんが、社労士や税理士の場合、毎月の業務どころかそれこそ毎日の業務にも必要な知識となりますので、勤務として活かしやすいという特長があります。

また社労士は大学在学中の方や70歳以上のご高齢の方がチャレンジしていることもあり、年齢層も幅広くなっています。受験者の割合は会社員が最も多くなっていて、フリーの方や主婦の方など様々な人がチャレンジしている資格となっています。

毎年7万人前後が受験して合格者数はわずか4千人程度と狭き門ではありますが、司法書士や公認会計士ほどの難関試験ではないと言われていますので、一発合格者が多く出るのもこの試験の特徴です。中には数年単位の受験年数になってしまう人もいるようですが、諦めずに続けていけば誰でも合格の可能性のある試験と言えるでしょう。

人気の資格 行政書士

2012年9月19日 10:55 / カテゴリ:[ 人気の資格 ]

行政書士は近年人気資格ランキングでも常に上位に食い込む資格ですが、その人気に火をつけたのは何と言っても漫画そして後にドラマ化されたカバチタレの影響が強いでしょう。

カバチタレは行政書士事務所がテーマという非常に珍しい設定の漫画ですが、身近な法律問題やちょっと特殊な法律問題を新米の行政書士事務所の職員が解決するという法律に詳しくなくても楽しめる漫画でした。

ドラマに関しても常盤貴子さん主演の作品と嵐の桜井翔さん主演の作品があり、どちらも話題を集めた作品となりました。

とはいえ実際の行政書士の業務は漫画やドラマのように軽快なものでもありませんし、あれほど行政書士が個人や法人の細かい相談に乗ったり、騒動を解決したりということはないようです。それはやはりドラマはドラマ、漫画は漫画と現実世界とは離れて考えるべきでしょうね。

行政書士の資格を取得し活かすのであれば、出来ればカバチタレのような勤務形態ではなく独立開業という方向性を目指すべきでしょう。漫画のように大きな事務所というのもそれほど存在しませんし、行政書士は会社勤めではほとんど効果を発揮しない資格といえます。

その点独立すれば個人から法人までを相手に仕事をすることができますし、アイデア次第ではまだまだ可能性の残された資格ですので、将来性も十分にあるといえます。特に奥様や旦那様が安定した仕事に就いているのであれば、多少のリスクを負うことが可能ですので、そんな方には最適の資格かもしれません。

人気の資格 宅建

2012年5月8日 06:19 / カテゴリ:[ 人気の資格 ]

宅地建物取扱主任者(以下 宅建)は、受験者数が20万以上という超人気の資格試験です。以前に比べれば受験者数は減少傾向にありますが、20万人以上というのはちょっと群を抜いた数字です。もちろん宅建の需要が高いのが受験者数の多い要因でしょうが、それだけではなく適度に合格しやすいというのも人気の秘訣なのかもしれません。

しかし通年の合格率は15%前後ですので、それほど簡単な試験でないことは想像できます。ですが、合格する人はかなり短期間の学習でも合格できてしまうのが宅建の特徴でもあるようです。なぜ合格する人と不合格の人の差が大きいのか?一つの要因としては受験資格がないため誰でも気楽に受験できる部分があるようです。

もう一つの要因としては、全く別業種の方も受験するというのも特徴になっています。宅建は、営業職の方や不動産に関係ない人が腕試し感覚や将来的な保障のために受けるケースが多く、そんな多少畑違いで勉強が不足している方々がある程度合格率を押し上げているのかもしれません。

宅建は、取得していればとても有利になる資格ではありますが、全く別業種の方が取得していてもあまり効果は発揮しません。また宅建を取得して独立という目標を持っている方もいるかもしれませんが、なかなか宅建で独立というのも全く別業種からの移籍組では難しいのが実情です。

資格というのは取得した後が本当の勝負とも言われます。取得して何にも活用できないのであれば、それは単なるペーパーライセンスにしか過ぎません。宅建という資格を有効に活かしたいのであれば、ある程度の経験は必要不可欠でしょうから有効に使うためにもしっかりと経験を積む必要はあるでしょうね。

次のページ »